おいしい水を家庭で|浄水器で美味しい水に早変わり|自然の恵み
男性

浄水器で美味しい水に早変わり|自然の恵み

おいしい水を家庭で

コップ

水道水はおいしさはない

日本の水は、世界の中でも良い水が手にはいることで知られており、その水質は飲料としてそのまま飲めることで知られています。そのため、今でも地方では水源から直接飲むことができるところもあるほどで、全国にいわゆる名水と呼ばれる場所があります。近年、汚染水などの問題は改善されつつあるのですがそれでも十分ではなく、たびたび臭いの問題が起こっています。これは、処理施設で行っている処理では十分に除去しきれない物質が含まれているを示しており、それが水に影響してしまっているため、最近は浄水器にスポットがあたっているのです。

濾過しておいしく

水道水の事情を踏まえると、おいしい水を飲もうと思えば各家庭に浄水器を設置する必要があります。日本人は水がおいしいことが当たり前になっていて少しの異味、違和感を許さない状況にあり、それなりの対策が必要になります。浄水器には、濾過技術から方式に至るまでその性能もさまざまですが、今の日本の水道水を考慮すると2−メチルイソボルネオール、ジェオスミンといった臭いが気になる成分を取り除くことができるものが効果的です。この物質は、含有量が法の規格内の値であってもカビ臭を発することがあり、浄水器がなければ除去不可能な物質といえます。また、浄水器を選択する際はそれが継続的に使用するものであることを踏まえ、メンテナンスが簡単で費用面でも適当なものを選ぶことが重要です。