毎日使う水考える|浄水器で美味しい水に早変わり|自然の恵み
男性

浄水器で美味しい水に早変わり|自然の恵み

毎日使う水考える

メンズ

安全な水を手に入れる方法

より安全な水を毎日利用したい場合、ペットボトルやウォーターサーバ、浄水器を利用するのが、最も手軽で簡単な方法です。前者2つは水道が止まっても使えるという利点はあるものの、保管場所や費用の面で、水を大量に使用するのには適していません。それに対し、浄水器は水道水を利用しているので、そういった事を気にせず使用できるため人気があります。浄水器の設置方法は、ポット型や蛇口直結型といった手軽なタイプから、据置型やビルトインなどの高機能なものまで各種あります。浄水器の機能としては、塩素・トリハロメタン・カビ臭などに加え、鉛などの除去にも対応した製品があります。タイプと機能が豊富で、利用者の用途に合った製品が探しやすいのも、人気の要因となっています。

便利な浄水器

浄水器で塩素などを除去した水は、臭みのない美味しい水ですが、細菌の繁殖しやすい状態の水とも言えます。そのため、早めに使い切るなどの注意が必要です。またその日最初に使う際には、10秒程度水を流してから使用します。これにより浄水器や給水管に残っている水に細菌が繁殖していても、外に流すことができます。浄水器は購入後のメンテナンスが必要で、カートリッジなどを交換する必要があります。浄水器のカートリッジ交換サイクルは、据置型などよりポット型や蛇口直結型の方が、カートリッジの大きさが小さいため短いです。その対策として、食器洗いなどでは水道水に切り替えて使用すると、交換までの期限を延ばせます。浄水器にもメリットとデメリットがありますので、水道水も利用して、上手く使い分けていく事が大切です。